大阪保健福祉専門学校 看護通信教育科のwebサイト。仕事を続けながら、2年間で看護師へ。 准看護師の方のための通信教育課程です。

第105回看護師国家試験結果

  • HOME
  • » 第105回看護師国家試験結果
第105回看護師国家試験結果

H28年3月修了生に聞いてみました

進学に踏み切れた理由

  • 友人・同僚のすすめ
  • 正看への思い
  • 上司・職場のすすめ
  • 准看護師での限界を感じた
  • 進学の環境が整った

2年間自分を支えてくれたもの

  • 家族
  • 友人
  • 自分の思い
  • 先生
  • 職場

修了後の変化

  • 知識の向上
  • 根拠を考えるようになった
  • 学ぶ楽しさ・学習習慣
  • 看護観

3期生からのメッセージ

修了生 立木さん

私の職場の尊敬する先輩ナースのように、きちんとした根拠を持ち冷静かつ温かみのある看護を実践できる看護師になりたくて、入学しました。学習を積み上げていくたびに知識が増え、これまでの仕事での経験が紐解くようにわかる瞬間を経験し、学ぶことがとても楽しかったです。
看護通信教育科では、先生方だけでなく、様々な領域で活躍する同級生から学ぶことも多く、充実した2年間でした。今後は、患者様やスタッフから信頼される看護師になることと、後輩の教育に携わっていきたいです。

修了生 新田さん

進学したいという気持ちを常に持ちつつ、一歩踏み出すことができず十数年が経ちました。そんな中職場の先輩が本校に通っていたこと、学校説明会での先生方の印象が良かったことで本校を選びました。しかし、願書を手にしてからも仕事と学校の両立ができるのかという不安があり、なかなか提出できずにいた時、職場の先輩が「みんなが出来るんだから大丈夫」と励まされ決意しました。
入学してからは、次々と送られてくるレポート・事例、不安いっぱいの実習に心が折れそうになることもありましたが、同じ目標をもつ仲間と共に乗り越えることができたこと、喜びを一緒に分かち合えたことが今では良い思い出になっています。
2年間の学びを活かし、これからも医療職として知識や技術はもちろんですが、人として思いやりや暖かさを大切にこれからも頑張っていきたいと思います。

修了生 幾川さん

私は25歳の時に心ある看護師の方に出会い、35歳で自らも准看護師となりました。経験を重ねる中で、自身の「知識」「技術」「態度」の未熟さを痛感し、知識を深めるために大阪保健福祉専門学校通信課程に入学しました。
入学後は提出課題や認定試験、施設見学実習等が待ち構えており、家庭と仕事に加え、学業との両立の厳しさを知りました。しかし先生方や家族、職場の方々の温かな気持ちに支えられ、仲間と共に最後まで頑張り抜くことができました。
今後の看護師人生において、自分の手で勝ち取った看護師という職業に自信と誇りと品格を持ち、常にエビデンスを追求していける心ある看護師でありたいと思っています。

ひとことアドバイス

  • 放送大学は入学までに取得しておくほうが良い。
    入学してからある程度余裕を持って取り組めると思います。
  • 挑戦することで今までの看護を変えることができます。
  • 2年間は長いようで、本当に短かったです。「思い立ったらすぐに行動に移すこと」が後悔しないと思います。
  • 仕事と家庭と学校は大変と思い、入学前は躊躇することもあるかもしれませんが、入学したらそれなりにやっていけるようになります。
    修了するとこの2年間でやったことが自信につながり、自分の成長につながると思います。
  • 学校で一緒に過ごした友達は何よりも支えになったし、お互いに頑張ろうという気持ちになれるので、友達を大切にして2年間頑張ってください。
  • 通信は、自分ひとりと思っていたけど、先生や友達もいるので、決して一人ではないとつくづく思いました。
  • 日々の積み重ねが本当に大切です。1日10分でもいいので、毎日何かを勉強してください。努力すれば必ず報われます。
  • 素敵な友達ができますよ。
  • 学習は計画的に、毎日少しずつでもやりましょう。