平成28年5月14日(土) 看護通信教育科では「業界研究セミナー」として、医療法人藤井会“石切生喜病院”看護部副部長の 森本満里子 先生をゲストに「これからの地域医療と看護 ~求められる看護師像~」と題して自ら経験されたこれまでの体験談や、この法人で新しくできる地域総合病院の具体例を基にお話をお聞きしました。


参加の学生達(通信課程サポート会)も、同年代の副看護部長さんのお話に熱心に耳を傾け、近い将来の自身の姿をイメージできたようです。




働きながら看護師資格を取得することは、ほんとうに大変ご苦労なことです(森本副看護部長)それでも資格取得を目指す理由は、いったい看護のどこが魅力なのでしょう。経済的な面のみならず、臨床の第一線で活躍されている看護師さんに直接お話を聞くことで、よりリアルに感じることができます。



「看護業界研究セミナー」は、看護師志望の皆さんに働く場所の具体例をご案内しています。皆さんの進路選択の一助となりますよう、次回は後期に計画を予定しています、どうぞお楽しみに。