23日、大阪保健福祉専門学校 看護通信教育科(2年課程通信制)にて看護業界セミナーを開催しました。

本日は、医療法人沖縄徳洲会吹田徳洲会病院 看護部長関根 慶子さまにお越しいただきました。
「地域を支える看護職」~地域のニーズに応じて3年目を迎えました~と題し、開設3年目の現状を自らの闘病体験も交えてお話いただきました。

関根部長の徳洲会病院グループでは、社会貢献の一環として、海外での医療活動や、被災地・災害地での救急医療など、特に地元dのニーズに合わせた活動を展開しており、看護職の責務は大きく、看護師としての生きがいでもあると学生にお話いただきました。

最後に学生に向けて「どんな看護師になりたいのか」「どんな看護を展開したいのか」「ジェネラリスト?スペシャリスト?」「あなたにとって看護とは?」などこれらの項目を常に自らのテーマとして、患者のため、患者に寄り添える看護師を目指して欲しいと締めくくられました。