本日、看護通信教育科(看護師2年課程通信制)の1年生の学習サポート会にて看護系業界セミナーを開催しまし、医療法人弘善会八木脳神経外科病院の冨田 倫代看護部長、看護主任松村 千鶴様、訪問看護ステーションアロンティア住之江統括所長西本 智子様にお話をいただきました。

ハッピーをつくる病院であり、そのために看護部でハッピーをつくるためにどんな看護が必要なのかということで心理的側面の配慮、学ぶ姿勢と自己を高める努力と他職種との協働という話、看護部の教育体制についていろいろ講演いただきました。

教育については、スキル、スタンス、スピリッツということで看護師を目指している学生にとっても心に響いたと思います。

また、西本統括所長からは訪問看護ステーションの現状と訪問看護の実情などもお話いただき、学生の皆さんも真剣に聞いていました。

訪問看護はおうちで生活したい人を支える仕事で、スタッフみんなで支える仕事であり、チームワーク、フットワーク、ネットワークの3つのワークが必要ですと締めくくられました。学生は1年生で来年在宅実習ですが、みなさんかなり勉強になったと思います。

次回のセミナーは27日のサポート会で開催予定です。