大阪保健福祉専門学校看護通信教育科(看護師2年課程通信制)において看護業界セミナーを開催しました。

1年生の授業の時間で特別講義として、社会医療法人若弘会若草第一病院 看護部長森岡 百代様にお越しいただき「ありのままを受け止め心に寄り添う看護」と題して、お話いただきました。

まず、最高の医療とは何かということから始まり、患者さんに生きる喜びを感じていただくということ。そのための病院ということで病院紹介、そして看護教育体制などについて話をいただきました。ありのままを受け止め、心に寄り添う看護は優しさだけでなく、看護実践能力も必要であり、そのための教育体制があること、また人として成長出来る研修もいろいろ取り組んでおり、大変興味深いお話で、他職種の方ともフラットな関係で雰囲気がいい印象が持てました。

最後に、「その人らしさを大切に」「感謝の気持ちを忘れない」「優しさと真心あふれる看護」ということ伝えていただきました。森岡部長自らも自分らしさを追求し、できるベストを尽くすという部長の看護観を学生は聞くことができ、学生にとっては大変、有意義な時間だったと思います。