本日、大阪保健福祉専門学校看護通信教育科で、看護系業界セミナーを開催しました。

業界セミナーとは、現場で活躍されている看護師さんの話を直接聞けるイベントです。今回は、コープおおさか病院 看護部教育師長 佐藤 睦子先生と師長 李 寿宝先生に「医療と福祉をつなぐいのちのネットワーク~コープおおさか病院を例に~」と題してお話をいたただきました。

「地域医療とは何か」ということから、生協では地域の人々、組合員の全ての人が良いと思うことを実践するために保健・医療・福祉のネットワークができ、そして地域の方の健康のためネットワークを駆使した地域医療を実践しておられます。コープおおさか病院は、医療従事者だけでなく、組合員の方、地域と一緒にという考えから、地域での健康指導や検診相談などの取り組みも積極的に行っているそうです。

学生は紙上事例の講義のあと、実際の臨床で患者さんに寄り添う視点ということを実践している看護師さんの生の声を聞くことで、講義の内容がしっかりとイメージできたと思います。

学生の皆さん、これから紙上事例演習の提出が始まります。講演頂いた両先生からも励ましのメッセージをもらいましたので、大変と思いますが頑張っていきましょう。

次回の看護系業界セミナーは5日に開催します。